Home page logo
/

webappsec logo WebApp Sec mailing list archives

pacsec.jp/core04 Call For Papers
From: Dragos Ruiu <dr () kyx net>
Date: Fri, 18 Jun 2004 13:13:51 -0700

(Japanese Below)

CALL FOR PAPERS 

PacSec.JP (Pacific Security)
http://pacsec.jp

Announcing the opportunity to submit papers for the PacSec/core03 
network security training conference.  The conference will be held 
November 11/12th in Tokyo. The conference focuses on emerging
information security tutorials - it will be a bridge between the 
international information security technology community and
the Japanese information security technology community.

Please make your paper proposal submissions before July 5 2004.
Slides for the papers must be submitted by October 1st 2004.
The conference is November 11th and 12th 2004, presenters need
to be available in the days before to meet with interpreters.

A number of invited papers have been confirmed, but a limited 
number of speaking slots are still available. The conference is 
responsible for travel and accomodations for the speakers. If you 
have a proposal for a tutorial session then please email a 
synopsis of the material and your biography and papers, 
speaking background to core04 () pacsec jp  Tutorials are
one hour in length, but with simultaneous translation should
be approximately 45 minutes in English, or Japanese. 
Only slides will be needed for the October paper deadline, 
full text does not have to be submitted.

The Pacific Security (PacSec) conference consists of tutorials 
on technical details about current issues, innovative 
techniques and best practices in the information security 
realm. The audiences are a multi-national mix of professionals
involved on a daily basis with security work: security product 
vendors, programmers, security officers, and network 
administrators. We give preference to technical details 
and education for a technical audience.

The conference itself is a single track series of presentations
in a lecture theater environment.  The presentations offer
speakers the opportunity to showcase on-going research
and collaborate with peers while educating and highlighting
advancements in security products and techniques. 
The focus is on innovation, tutorials, and education
instead of overt product pitches. Some commercial content 
is tolerated, but it needs to be backed up by a technical 
presenter - either giving a valuable tutorial and best 
practices instruction or detailing significant new 
technology in the products. 

Paper proposals should consist of the following information:

1) Presenter, and geographical location (country of origin/passport)
   and contact info (e-mail, postal address, phone, fax).
2) Employer and/or affiliations.
3) Brief biography, list of publications and papers.
4) Any significant presentation and educational experience/background.
5) Topic synopsis, Proposed paper title, and a one paragraph description.
6) Reason why this material is innovative or significant or an 
    important tutorial.
7) Optionally, any samples of prepared material or outlines ready. 

Please forward the above information to core04 () pacsec jp to
be considered for placement on the speaker roster.


講演論文募集  
 
PacSec.JP (Pacific Security) 
http://pacsec.jp 
 
現在、PacSec/core03 ネットワーク・セキュリティ トレーニング・カンファレ 
ンス開催に向けて、論文の受付けを行っております。同カンファレンスは、2004 
年11月11日(木)、12日(金)の二日間にわたり東京で開催され、主に先端情報セキュリティのチュートリアルを重点的に取り上げます。また、日本と情報セキュリテ
ィ技術の国際社会を結ぶ「架け橋」になることを目的としています。 
 
カンファレンスにおける講演論文発表の申し込み受付けの締め切りは、2004年7月5
日(土)とさせていただきます。スライドの最終提出日は、2004年10月1日(火)です。 
当日、通訳が必要な方は、カンファレス開催日の数日前に、打合わせのため多少お時間を用意して頂く必要があります。 
 
招待参加者による論文は多数確定済みですが、当日の講演枠においては多少の予備枠がある為、現在講演者を募集しています。講演日の交通費および宿泊等設備は、主催者側
で責任を持って手配致します。チュートリアル・セッションでの講演を希望される方は、講演マテリアル、論文の内容、及び経歴、講演経験の概要を、 
core04 () pacsec jp 迄、電子メールにてお送り下さい。 
講演は、一人あたり1時間を予定しておりますが、同時通訳が必要な場合、英語または日本語による講演時間は、約45分間とお考え下さい。 
尚、スライドの締め切りは10月7日(火)とさせて頂いておりますが、その際に論文の全文を提出していただく必要はございません。 
 
Pacific Security (PacSec) カンファレンスは、情報セキュリティに関する細かい技術や、最近のセキュリティ問題、斬新的なテクニック、及び
最も適切と思われるセキュリティ対策などについて、チュートリアル形式による講演により構成されています。カンファレンスの参加者は、常にセキュリティと関わる環境
にあり、その分野における専門家達であります。またその国籍や文化も様々です。 
セキュリティ製品のベンダー、プログラマー、セキュリティ・オフィサー、ネットワーク管理者など、大変幅広いジャンルの人々が参加される関係上、講演内容は、技術的に
内容の深いもの、または技術者にとっても有益となる内容を優先させて頂きます。 
 
カンファレンスの構成は、それぞれ独自のプレゼンテーションを講義形式で行います。講師は、そのプレゼンテーションを通して、現在進行中の研究の紹介、セキュリティ製
品や技術製品における更なる教育、向上について多くのエキスパート達と情報交換をする場を持つ事が出来るのです。 
 
プレゼンテーションは、明白に特定の製品を宣伝するような内容ではなく、技術革新、チュートリアル、教育的なものに重点をおいて下さい。 
商用的なコンテンツがいくらか含まれていても差し支えはありませんが、その際は、 
その製品に関する、有用なチュートリアルおよび最も適切なセキュリティ対策の説明や、重大な新技術の詳細などで裏づけをする必要があります。  
 
論文の机上案には、下記の情報を必ず入れるようにして下さい。 
 
1) 講師情報、所在地(出生国/パスポートに記入されている国籍)、および連絡 
先 (電子メールアドレス、住所、電話番号、FAX番号) 
2) 勤務先、所属団体 
3) 簡単な経歴、出版物および論文のリスト 
4) 大きなプレゼンテーションおよび講師経験/経歴 
5) 話題の概要、論文の表題 (案) 、および内容の簡単な説明 (一段落にまとめたもの) 
6) 発表する題材が、革新的また重大な意味を持っている、あるいは重要な 
チュートリアルである理由 
7) 任意で、用意した資料または要旨のサンプル  
 
カンファレンス講師審査の参考にさせていただきますので、上記項目を 
core04 () pacsec jp 迄お送り下さい。 

-- 
World Security Pros. Cutting Edge Training, Tools, and Techniques
Tokyo, Japan    Nov 11-12 2004  http://pacsec.jp
pgpkey http://dragos.com/ kyxpgp

  By Date           By Thread  

Current thread:
  • pacsec.jp/core04 Call For Papers Dragos Ruiu (Jun 22)
[ Nmap | Sec Tools | Mailing Lists | Site News | About/Contact | Advertising | Privacy ]
AlienVault